作文技術

linguistics

TL;DR

  • 形式名詞・副詞・連体詞・接続詞の漢字はひらく(ひらがなにする)。
  • 一般名詞・形容詞・動詞の漢字はとじる(漢字にする)。
  • 擬音語はカタカナ、擬態語はひらがなにする。
  • 感嘆符[!]と疑問符[?]の後は空白を1文字いれる。
  • 漢字2文字の動詞は、漢字1文字の動詞に直す。
  • 短い修飾子ほど被修飾語の近くにおく。離す場合は読点で区切る。
  • 「形容詞+名詞+行う」ではなく、「副詞+動詞」で書く。
  • 受動態ではなく能動態で書く。
  • 接続詞は逆接だけに使う。それ以外は文章構造で表現する。
  • 否定文は短く言い切る。
  • 主観的な形容詞・副詞を使わない。
  • 同じ語尾を連続させない。
  • 形式名詞を乱用しない。
  • 情報を書いてから、感想を書く。抽象的な表現を減らす。

印象に残ったメモ

意味を間違いやすい副詞

意味
すべからく 当然。すべからく~べし
姑息 その場しのぎ
憮然 失望したり驚いたりする様
爆笑 大勢の人が笑うこと
乱入 大勢の人がなだれこむこと
性癖 性質の偏り
潮時 好機
割愛 惜しいものを捨てる
   
さわり 最も印象的な部分。歌でいうサビ
世界観 世界についての見方
うがつ 掘り下げる
知恵熱 乳児期に発症する原因不明の熱
恣意的 その場の思いつきによる物事の判断
   
募金する 寄付金を集めること
にやける 色っぽい様子を見せること
煮詰まる 全ての要素が出し尽くされて、結論を出す段階に入ったこと
なし崩し 徐々に片付けていく
   
檄を飛ばす 自分の考えを広く伝える
敷居が高い 不面目なことがあってその人の家に行きづらいこと
たそがれる 日が暮れる 盛りを過ぎて衰えること
一姫二太郎 最初の一人は女の子、次に男の子が生まれるのが理想であること

読みを間違いやすい語

漢字 よみ
貼付 ちょうふ
依存心 いそんしん
間髪をいれず かんはつをいれず
漸く ようやく
早急 さっきゅう

押韻

日本語 英語
追いつけない Oh! It’s can I
ほしいの Hot she know

  • 寺山修司「わが夏を あこがれのみが 駆け去れり 麦藁帽子 被りて眠る」
  • 寺山修司「列車にて 遠く見ている ひまわりは 少年の振る 帽子のごとし」
  • 干武陵「この盃を受けてくれ どうぞなみなみつがしておくれ 花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」井伏鱒二訳

参考文献

書籍

  1. 本多勝一 (2015)『〈新版〉日本語の作文技術』朝日新聞出版.
  2. 木下是雄 (1981)『理科系の作文技術』中央公論新社.
  3. 佐藤信夫 (1992)『レトリック感覚』講談社.
  4. 佐藤信夫 (1992)『レトリック認識』講談社.
  5. 熊谷高幸 (2011)『日本語は映像的である』新曜社.
  6. 藤原智美 (2017)『文は一行目から書かなくていい』小学館.
  7. 俵万智 (2004)『考える短歌』新潮社.
  8. Dean R. Koontz (1996)『ベストセラー小説の書き方』大出健訳, 朝日新聞社.
  9. Lawrence Block (2003)『ベストセラー作家入門』(田口俊樹・加賀山卓朗訳), 原書房.

サイト

  1. 文章の書き方
  2. 文章の書き方サイト
  3. わかりやすい技術文章の書き方
  4. 文書作成術
  5. エリート的な文章の書き方
  6. 正確な文章の書き方
  7. 文章を書くノウハウを伝授

その他

  1. 小論文の添削でしょっちゅう指摘したこと
  2. 読みやすい文章にする効果的なひと工夫
  3. 読みやすい文章を書くための技法
  4. シンプルな文章の書き方
  5. よい文章の書き方
  6. 特殊文字読み方と用途