コード機能

music-theory

ダイアトニック・コード

機能

  • トニック (T; Tonic)
  • サブドミナント (S.D.; Subdominant)
  • ドミナント (D; Dominant)

度数表記

  • %I% (ド)
  • %II% (レ)
  • %III% (ミ)
  • %IV% (ファ)
  • %V% (ソ)
  • %VI% (ラ)
  • %VII% (シ)

調性

  • 長調 (dur)
  • 短調 (mol)

長音階 (Major Scale)

コード 機能 音階 アヴォイド・ノート
%IM7% T Ionian Scale %F%
%IIm7% S.D. sub Dorian Scale %B%
%IIIm7% T sub Phrygian Scale %F%, %C%
%IVM7% S.D. Lydian Scale -
%V7% D Mixolydian Scale %C%
%VIm7% T sub (S.D. sub) Aeorian Scale %F%
%VIIm7b5% D sub Locrian Scale %C%

個人的には、 %IIIm7% を D、%VIm7b5% を S.D. 、と解釈するほうが好き。 %VIm7% が S.D. になるというのはピンとこない。

音階の響き

音階を響きが明るい順番に並べると

  1. Lydian
  2. Ionian
  3. Mixolydian
  4. Dorian
  5. Aeorian
  6. Phrygian
  7. Locrian

となる。

ドミナント・モーション

%V% - %I% の部分をドミナントモーションという。ベースの強進行とトライトーンの解決によって、緊張と緩和がなされ、音楽の推進力を作り出している。ベースの強進行には、四度上行と半音下行がある。長三度下行と長二度上行も終止形の動きとしてはある。

音楽の推進力という観点から考えると

  • 「小さな音から大きな音へ」
  • 「低い音から高い音へ」
  • 「ゆっくりとしたリズムから速いリズムへ」
  • 「小さな変化から大きな変化へ」
  • 「規則性のある変化」
  • 「安定した響き」

などもドミナントモーションの一種であると解釈できると思う。

%II% - %V% - %I%

ジャズで頻出、ベースの四度上進行、%I% - %VII% - %I% と %IV% - %IV% - %III% の解決する流れがかみ合っている。

セカンダリー・ドミナント

音階上の主音以外の音に対して、ドミナント・モーションを配置した格好のこと。%II% - %V% - %I% にもできる。このときの %II% を特にリレイテッド %II% (Related %II%) という。リレイテッド %IIm7% では Dorian Scale が選択されることが多い。

進行  
%IIIm7% - %VI7% - %IIm7% %IIIm7b5% になっていない理由が分からない
%#IVm7b5% - %VII7(b9)% - %IIIm7% マイナーコードへのドミナント・モーションなので m7b5 になっている (後述)
%Vm7% - %I7% - %IVM7% 基本的な形
%VIm7% - %II7% - %V7% ドミナント (V7) へのドミナントなので II7 を特にダブル・ドミナント (Double Dominant) という
%VIIm7b5% - %III7(b9)% - %VIm7% マイナーコードへのドミナント・モーションなので m7b5 になっている (後述)
%#Im7b5% - %#IV7(b9)% - %VIIm7% ほぼ現れない

ドミナント・モーションはどんどん引き延ばせる。%II7% - %V7% - %I7% - %IV7% - %IVM7% のように。これら引き延ばされたドミナントを特にエクステンデット・ドミナント (Extended Dominant) という。

裏コード

%bII7% を裏コードという。%V7% と共通のトライトーンを持っており、%bII7% - %IM7% としたときベースが強進行 (半音下行) するので、ドミナント・モーションとしてとらえられる。さらに、リレイテッド II も追加できる。

こんな感じ。

進行  
%IIm7% - %bII7% - %IM7% %V7% を %bII7% に置き換えた
%bVIm7% - %bII7% - %IM7% %bII7% にたいする %IIm7% を追加した

もちろん、セカンダリー・ドミナントを裏コード化することもできる。

自然的短音階 (Natural Minor Scale)

コード 機能 音階 アヴォイド・ノート
%Im7% T Aeorian Scale %F%
%IIm7b5% S.D. sub Locrian Scale %C%
%bIIIM7% T Ionian Scale %F%
%IVm7% S.D. Dorian Scale %B%
%Vm7% (D) Phrygian Scale %F%, %C%
%bVIM7% S.D. sub (T sub) Lydian Scale -
%bVII7% S.D. sub Mixolydian Scale %C%

個人的には、Vm7 はそのまま D、bVII7 は D と考える方がすっきりする。また、bVIM7 が T になりえるのは、ちょっとちがうかなぁ。

和声的短音階 (Hamonic Minor Scale)

コード 機能 音階
%ImM7% T Hamonic Minor Scale
%IIm7b5% S.D. sub  
%bIIIM7aug% T sub  
%IVm7% S.D.  
%V7% D Harmonic Minor Perfect 5th Below (HmP5⬇)
%bVIM7% S.D sub (T sub)  
%VIIdim7% D sub  

V7 には、半音進行を増やすため b9 のテンションが付加される。音階が空欄になっている箇所は、ほぼ使われないので省略している。

個人的には、VIIdim7 は S.D. としてとらえたい。

旋律的短音階 (Melodic Minor Scale)

コード 機能 音階
%ImM7% T Melodic Minor Scale
%IIm7% S.D. sub Dorian b2nd Scale
%bIIIM7aug% T Lydian Augmented Scale
%IV7% S.D. Lydian Dominant Scale
%V7% D Mixolydian b6th Scale
%VIm7b5% T sub Locrian ♮2nd Scale
%VIIm7b5% D sub Super Locrian Scale
%VIIm7b5%   Altered Scale

個人的には、VIIm7b5 と VII7b5 は S.D. として考えたい。

サブドミナント・マイナー

長調で、bVI の音を含む同主短調の和音を使うこと。

コード 音階 備考
%bIIM7% Lydian Scale クラシックでは、ナポリの六といわれる和音。三和音では第一転回形で使われる
%IIm7b5% Locrian Scale  
%IVm6% Dorian Scale (Melodic Minor Scale)  
%IVm7% Dorian Scale  
%bVI6% Lydian Scale  
%bVIM7% Lydian Scale  
%bVI7% Lydian Dominant Scale ブルージーにした
%Bb7% Mixolydian Scale  

#IVm7b5

  • トニック代理
  • %V7% - %#IVm7b5%
  • サブドミナント代理
  • IIIm7 に進行する II-Ⅴ におけるリレイテッド II
  • 機能的にはトニック優勢

ディミニッシュ

トニック・ディミニッシュ

オグジュアリ・ディミニッシュ (auxiliary diminished) とも。リハモするときに %IM7% を %I6% とかにする代わりに %Idim7% にする。理屈は特にない。音階は、Diminished Scale。

パッシング・ディミニッシュ

上行形をアセンディング・ディミニッシュ、下行形をディセンディング・ディミニッシュという。

進行 形式
%IM7% - %#Idim7% - %IIm7% 上行形
%IIm7% - %#IIdim7% - %IIIm7% 上行形
%IVM7% - %#IVdim7% - %V7% 上行形
%VIm7% - %#VIdim7% - %VIIm7b5% 上行形
%IIm7% - %#IIdim7% - %I/III% 上行形 (転回形に進行)
%IVM7% - %#IVdim7% - %I/V% 上行形 (転回形に進行)
%IIm7% - %bIIdim7% - %IM7% 下行形
%IIIm7% - %bIIIdim7% - %IIm7% 下行形

上行形はセカンダリー・ドミナントの代理と考える。セブンスコードに b9 のテンションが付いて、ルートが省略されている形ととらえる。%VIIm7b5% へのドミナントモーションはありえないので、%#VIdim7% はほぼ出現しない。転回形に進行するのは特殊なパターン。

音階 (アヴェイラブル・ノート・スケール) は、コードトーンに、ダイアトニック・スケールに現れる音を追加して、コードトーンの半音上のノートをアヴォイドしたもの。

スペシャル・ファンクション・ドミナント

度数 音階 備考
%I7% Mixolydian Scale ブルースっぽくしたトニック
%II7% Mixolydian Scale %V7% に対するダブル・ドミナント ではない とき、たとえば %II7% - %I% みたいな進行。
%IV7% Mixolydian Scale / Lydian Dominant Scale ブルースっぽくしたサブドミナント
%bVI7% Lydian Dominant Scale ブルースっぽくした %bVIM7%
%bVII7% Mixolydian Scale S.D. Minor
%VII7% Altered Scale %IIIm7% に対するセカンダリー・ドミナント ではない とき

%bVIIM7%

%VIIm7b5% のルートが半音下がった形。機能は S.D.。音階は Lydian Scale。

個人的には、D ととらえたいかなぁ。

音階

長和音

和音      
%I% %I6% %IM7% Ionian Scale (Lydian Scale)
%bII% %bII6% %bIIM7% Lydian Scale
%bIII% %bIII6% %bIIIM7% Lydian Scale
%IV% %IV6% %IVM7% Lydian Scale
%bVI% %bVI6% %bVIM7% Lydian Scale
%bVII% %bVII6% %bVIIM7% Lydian Scale
ドミナント7th
和音 系統 音階
%V7% %II7% %I7% %IV7% =9th Mixolydian Scale
上記以外 (%bII7% 等) =9th Lydian Dominant Scale
%II7% =9th Whole Tone (W.T.) Scale
%V7% b9th Altered Scale
%V7% b9th Combination of Diminished (Com.Dim.) Scale
%V7% b9th Harmonic Minor Perfect 5th Blow (HmP5⬇) Scale
%V7%   Mixolydian b13 Scale
%V7%   Spanish 8 Notes (HmP5⬇ + #9) Scale

短和音

和音      
%IIm% %IIm6% %IIm7% Dorian Scale
%IIIm%   %IIIm7% Phrygian Scale
%IVm% %IVm6% %IVm7% Dorian Scale
%VIm%   %VIm7% Aeolian Scale

そのほか

  • %m6% 系 Dorian Scale / Melodic Minor Scale
  • %m7% 系 Dorian Scale
  • %mM7% 系 Harmonic Minor Scale / Melodic Minor Scale
和音  
%VIIm7b5% Locrian Scale

そのほか

  • %m7b5% 系 Locrian Scale / Locrian ♮2nd Scale

ペダル・ポイント

  • トニック・ペダル
  • ドミナント・ペダル

ライン・クリシェ

  • %C% - %Caug% - %C6% - %Caug%
  • %C% - %Caug% - %C6% - %CM7%
  • %C% - %C/B% - %C/Bb% - %Am7%
  • %Cm% - %Cmaug% - %Cm6% - %Cmaug%
  • %Cm% - %Cmaug% - %Cm6% - %CmM7%
  • %Cm% - %Cm/B% - %Cm/Bb% - %Am7b5%

アヴォイド・ノート

調性を重要視するなら、各コードに対するアヴォイド・ノート (使用に注意すべきテンション) に注意しなければならない。コードの構成音との関係から、そのコードの調性上の機能を阻害する音を、アヴォイド・ノートとする。それは、おおむね

  1. コード構成音と短9度の音程を生じて音を濁すため
  2. コード構成音との関係からコードの機能を阻害してしまうため
    • ドミナント・コード以外で生じるトライトーン
    • ボイス・リーディングの都合

が理由となる。が、例外も多い。

長音階

  Available Note Scale Chord Function Avoid Note 理由
%IM7% Ionian Tonic 11th コード構成音である %III% と短9度音程を構成するため (理由1)
%IIm7% Dorian Subdominant (13th) コード構成音である %VII% は、頻出する進行である %II%-%V% 進行において次に %V7% の %III% に半音で進行する (理由3)
%IIIm7% Phrygian Tonic b9th コードの構成音である %I% と短9度の音程を構成するため(理由1)
      b13th コードの構成音である %V% と短9度の音程を構成するため(理由1)
%IVM7% Lydian Subdominant None ♯11th が、コード構成音である %I% とトライトーンを構成するが、許容されることが多いみたい
%V7% Mixolydian Dominant 11th コード構成音である %III% と短9度の音程を構成するため (理由1)
        コード構成音である %III% と %bVII% の間のトライトーンを邪魔し、コードの機能を阻害するため (理由2):%III% と短9度の音程を構成する(音が濁る)。%bVII% 完全4度の音程を構成する (音が協和する)
%VIm7% Aeolian Tonic b13th コード構成音である %V% と短9度の音程を構成するため (理由1)
%VIIm7% Locrian Dominant b9th コード構成音である %I% と短9度の音程を構成するため (理由1)
        コード構成音である %I% と bV の間のトライトーンを邪魔し、コードの機能を阻害するため(理由2):%I% と短9度の音程を構成する(音が濁る)。%bV% と完全4度の音程を構成する(音が協和する)

Avoid Note で括弧がついていものは、ケアノートで、アヴォイドほどではないが注意すべき音。

自然短音階

TODO

和声的短音階

TODO

旋律的短音階

TODO

アヴェイラブル・ノート・スケール

  • コードトーンが全て乗っかるスケールはすべて使える。
  • コードトーンと短9度の音程になるノートは (基本的に) アボイド・ノートになる。

この原理に従って機械的に列挙できる。

Chord Quality Available Note Scale 備考
%M7% Ionian  
  Lydian  
%M7sus4% Ionian  
%7% Mixolydian メジャー・コードへの完全終止を想定する場合
  Lydian ♭7th  
  Harmonic minor Perfect 5th Below (HMP5↓) マイナー・コードへの完全終止を想定する場合
  Altered Dominant (メジャースケールで %I% 以外の音がすべてフラットしているスケール)
  Mixolydian ♭6th  
  Spanish 8 notes (Phrygian + M3rd)  
  Combination of Diminished (Com.Dim.)  
  Wholetone  
%7sus4% Mixolydian  
  Harmonic minor Perfect 5th Below (HMP5↓)  
%M7aug% Lydian ♯5th  
%m7% Dorian  
  Phrygian  
  Aeolian  
  Harmonic minor  
  Melodic minor  
  Phrygian  
%m7b5% Locrian  
  Locrian ♯2nd  
  Diminished  

ドミナント・セブンス

6 スケール

scale 9 11 13 備考
Mixolydian 9 11 13 長調の %V7%
Lydian b7th 9 #11 13 ドミナント・モーションしないなんらかの代理として出現するセブンスに使う。ドミナント・モーションしているものに使うと、とどまっている印象になる
HMP5th↓ b9 11 b13 短調の %V7%
Altered b9, #9 #11 b13 %V7% あるいはドミナント・モーションしているものに使う
Com.Dim. b9, #9 #11 13 任意のセブンスに使える。オールマイティ
Whole tone 9 #11 b13 任意のセブンスに使える。オールマイティ
(a) 9 11 b13  
(b) b9 11 13  
(c) #9 11 b13  
(d) #9 11 13  

(a-d) は無名。

セブンスが長く続く場合は、Lydian と Altered をくり返すとよい。

アルペジオ

想定するスケール %m7b5% のアルペジオ
Altered %Im7b5%
  %bVIIm7b5%
Com.Dim. (%Im7b5%)
  %bIIIm7b5%
  %VIm7b5%
  %#VIm7b5%
Lydian ♭7th %IIIm7b5%
  %#VIm7b5%
想定するスケール Melodic minor scale のアルペジオ
Altered %#I% Melodic minor scale
Lydian ♭7th %V% Melodic minor scale
(♭9, ♯9, 11, ♭13, 13) %bVII% Melodic minor scale
(9, 11, ♭13) %IV% Melodic minor scale
(9, 11, ♯11, ♭13) %bIII% Melodic minor scale

ハイブリッド・コード

Scale Scale Notes Chord Name Full Name
Mixolydian 1 2 3 4 5 6 b7 %Dm/G% %G7(9)omit3%
    %Dm7/G% %G7sus4(9)%
    %F/G% %G7sus4(9)omit5%
    %FM7/G% %G7sus4(9,13)omit5%
    %Am/G% %Gsus4(9,13)omit5%
Lydian ♭7th 1 2 3 #4 5 6 b7 %Dm/G% %G7(9)omit3%
    %A/G% %G(9,#11,13)omit(3,5)%
    %Aaug/G% (%Faug/G%, %Dbaug/G%) %G7(9,#11)omit(3,5)%
Whole Tone 1 2 3 #4 b6 b7 %Aaug/G% (%Faug/G%, %Dbaug/G%) %G7(9,#11)omit(3,5)%
HMP5↓ 1 b2 3 4 5 b6 b7 %Fm/G% %G7sus4(b9)omit5%
    %Fm7/G% %G7sus4(b9,b13)omit5%
    %Ab/G% %Gsus4(b9,b13)omit5%
    %Abm/G% %G(b9,b13)omit5%
Altered 1 b2 #2 3 #4 b6 b7 %Abm/G% %G(b9,b13)omit5%
    %Db/G% %G7(b9,#11)omit(3,5)%
Com.Dim. 1 b2 #2 3 #4 5 6 b7 %Db/G% %G7(b9,#11)omit(3,5)%
    %Dbm/G% %G(b9,#11,13)omit(3,5)%
    %Dbm7/G% %G(b9,#11,13)omit5%
    %E/G% %G(b9,13)omit5%
Unknown 1 b2 3 4 5 6 b7 %Abaug/G% (%Caug/G%, %Eaug/G%) %Gsus4(b9,13)%
  • b9+11=HMP5↓
  • b9+#11=Alt
  • b9+b13=Alt
  • b9+13=Com.Dim.